「好き」を仕事に。

バレエに限らず、どの分野でも、「好き」な事を仕事に出来る人はほんの一握りです。

 

私自身、好きなバレエを仕事としていますが、一番好きだった自分が「踊る事」ではなく、同じくらい興味があった「教える事」を仕事としました。「踊る事」を仕事に出来なかったのは、まあ、色々ありますが一番はやっぱりスタイル。骨格からくるスタイル、いわゆるプロポーションは努力ではどうにも出来ない事の一つでした。

 

様々な悩みや心の揺れはありましたが、「踊る事」に固執せず、「教える事」の道を選んだことは個人的には正解だったと思っています。有名な方が2番目に好きな事を仕事とした方が上手くいく、とおっしゃっていますが、私自身は見事にこれに当てはまったようです。

 

「踊る事」はただただ好きでした。そして好きすぎるあまり盲目になっていたことも、今思い返せば沢山(-_-;)

「教える事」は興味と好奇心がありました。これは自分自身の上達に対してもですが、何をどうすれば、上手になるのか、どういう過程を経て上達していくのか、どこから鍛えだせば効果的なのか。音楽の素養を上げるには?空間の把握能力ってどうすれば上がっていくのか?等々。面白い事に、自分自身の踊りが上達しだしたのも、指導するにはどう見ればいいのか?を考え出してからでした。

 

と、同時に純粋にバレエを楽しく観る事も出来なくなっていくのですが・・・・(^-^;

バレエを観ても、無意識の内に分析をしてしまうんですよね。

 

「好き」な事をただただ純粋にずっと「好き」でいたいなら趣味。それだけで、それが仕事になるほどに能力に恵まれた人は物凄く稀だと思います。「好き」と同時に「興味」と「好奇心」があれば、探究出来るかもしれません。探究し続けるエネルギーと体力、そして幸運にも多少の能力がついてきたとき、「好き」を仕事に出来るチャンスがくるのかもしれません。

PAGE TOP