挑戦してみるということ

バレエでもなんでも、だれでも最初は、何も出来ません。出来ないのが当たり前です。

出来ない事に挑戦し、失敗して、また挑戦して、練習して、その繰り返しで出来る事が少しづつ増えてきます。

近道の存在を教える事は出来ますが、道を歩くのは子供たち自身。私たちが代わって歩いてあげる事は出来ません。そしてどんな近道でも、何かをみにつけていく事は簡単ではありません。

やりたいことならば、出来るようになるまで挑戦し続ける事。それが一番難しい事の一つかもしれませんね。

PAGE TOP