目標は具体的に

目標をもってこそ練習は意味を持つ、と前の日記に書きました。

その為には目標を具体化させる必要があります。

例えば、綺麗に踊りたい、上手になりたい、では、具体的に何をすればいいのか、あまりにも漠然としています。

自分にとって「綺麗な踊り」とはどういう踊りなのか、考えだすと膨大です。簡単な所から始めれば、甲は伸びていた方がいいのか、膝はどうか、脚はどのくらいのターン・アウトを望むのか、上体はどう見せたいか、等々の身体の問題から始まり、踊りとしてどう見せたいか、たとえば優雅に踊りたいか、元気に踊りたいか、音楽的に踊りたいか等々と言った踊りとしてのクオリティーの問題まで含まれてきます。

 

これらを一気に解決することは出来ません。一つ一つ、具体的に取り組んでいく必要があります。

バレエが難しいのは、これらすべての問題が必ず連動してしまうことです。身体に一か所問題があれば、それは全身に影響します。クオリティーは精神的な豊かさをいかに身体の動きに伝えれるかが大きく影響します。動きにクオリティーを持たせられなければ、バレエには見えません。その為、ひとつの問題に取り組みつつ、常に全体にも取り組まなければならないのです。一か所の問題が解決されたとしても、全身の動きと連動させれなければ変わったように見えないのです。

 

そう考えると、すさまじく大変な事をやっている訳です。でも、必ず上達出来るのもバレエです。何年も何年もかかる道ですが、目標を見失わず、努力を続ける事で、どんな人でもそれなりに踊れるようになるのもバレエのすごいところだと思います。

まずは自分の出来る簡単なところから。そこを探求していく中でおのずと次の課題も見えてきます。

何より、「こう踊りたい!」と言った具体的なイメージを持つことです。そして、そのイメージを構成している要因を一つ一つ見つけては身につけていくことが大事です。

PAGE TOP