反復練習とは??

子供達が変わったな、と大きく感じる事の一つに反復練習があります。

反復練習とは、自分の望む通りに出来ない事を繰り返し練習することによって、出来るようになる為の繰り返しの練習です。ですから、同じ事を繰り返しますが、同じ様には繰り返しません。少しでも自分が望むレベルに近づくよう、どんどん工夫して変えていきます。

ところが、最近の子供達は、真剣に同じ事を繰り返していれば、上手になると考えているようなのです。上手になりたくない訳ではなく、変わりたくない訳でも、さぼっている訳でもありません。彼らなりに一生懸命やっているのは感じるのですが、なにしろ、注意された事をひたすら同じように練習している訳ですから、上達にはつながりません。

どうやら、「上手になりたければ何回も繰り返して練習しなさい!」という言葉を、本当にその通りにやっているようなのですね。

自分に何が必要かを考え、創意工夫をして、どんどん目標に近づいていく子は、昔もそう多くはなかったかもしれません。でも、ただ繰り返している子もそう居なかったように思います。

 

練習は目標があって初めて意味を持ちます。目標に向かって自分をどんどん変えていく事が練習であり、その為に同じ事を繰り返すのが反復練習です。繰り返すたびにどんどん変化させていかなければなりません。

今の自分と目標の自分の差を見つけ、今の自分を目標に近付けていくには、自分で考えて実行する必要があります。ただただ言われた事に従っていても、自分を成長させることは出来ないのです。

 

発表会の練習に入り、今の自分にはまだ出来ない事を出来るようになる為に練習をしなければなりません。

この経験から、自分を成長させるためには自分で考え、自分で動き、変化させる事がどれだけ大切かを少しでも感じとって欲しいと思っています。

PAGE TOP