卒業生(教え子)たちのその後

バレエ・リーブルを始めて、20年です。

ちょっと自分でもびっくりします。

 

創設にも、色々と紆余曲折があり、当然のごとく、順風満帆ではありませんでしたが、それでも、何とかここまでやってこれたのは、知り合った様々な方々のありがたい協力があり、何より、生徒さんたち、そしてご父兄の皆様に恵まれたおかげです。

 

それだけ時間が経ったから、もあるとは思いますが、最近、懐かしいお顔にばったり出会ったり、会いに来てくれたり、連絡を取ったり、と続いています。

バレエ、スタジオを離れてからも、何かと連絡をくれたり、発表会を手伝ってくれたり、スタジオに遊びに来たり、と近況をそれなりに知っている子達もいる一方で、全くその後どうしているのか、知らない子達もいます。

 

頑張っていたバレエを離れ、楽しく頑張っている子もいれば、まだ五里霧中のような、色々な思いを抱えて苦しい時期を過ごしている子もいると思います。私自身、30歳くらいまで、精神的に辛い思いを山のようにして、も~、後はそれで乗り切れる!と思っていたら、人生それほど甘くはなく(笑) やっぱり、色々な思いをしながら、30代40代を生きてきました。

私の人生の最大の目標(?)は、自分自身の命と他者の命を天秤にかけて行動しなければならない状況に陥らないで人生を全うする、です(笑) そして、出来れば死ぬときに、まあ、色々あったけど、プラマイゼロ、ちょっとプラスが多いかもね、と思えれば万々歳かなあ、と思っています。

 

どうにもならない状況に思えたら、しばらくじっとしてみることも方法です。長い人生、どうにも気力がわかない時もあります。色々な事を目一杯やってみる事も良いかもしれません。コスパと効率を忘れて、一見無駄でしかないような事でも、気持ちが動くなら、やってみる事も良いと思います。

人それぞれ、感性も人格も、すべて違います。他の人に合っている生き方が自分に合うとは限らないです。そして自分だけの生き方を探すのは決して楽な事だけではありません。でも、苦しくても、そこに何か惹かれるものがあると、意外と続けられたりもします。どんな形であれ、関わってきたみんなが、それぞれの道で幸せをみつけて生きていってほしいな、と思う一方、それぞれが、それぞれの道を探す事が出来る、平和な社会であってほしいと強く願う今日この頃です。

PAGE TOP