ストレッチは必要であり、継続です。

最初にこちらをお読みいただけるとありがたいです。

バレエ・アドバイス集について

 

 

バレエを始める時、自分の柔軟性を気に掛ける方は多いのではないでしょうか。

残念なことに、バレエを踊るには一定程度の柔軟性は必要不可欠です。足を高く上げる練習をしたり、大きなジャンプの練習をする場合、必要分の柔軟性がないと、あっという間に怪我につながります。

 

バレエの柔軟性

では、ひたすら柔らかければ良いか、と言えば決してそうではないところが難しいところです。

柔軟性は関節の柔らかさ、靭帯の長さ、筋肉の長さ等が絡み合って決まってくるのですが、柔らかすぎる関節、長すぎる靭帯や筋肉は、バネのような跳ね返す力が弱すぎてしまいます。また、背中が柔らかいことは良いことでもあるのですが、背骨を支えるより、背骨に座り込む方が圧倒的に楽なため、姿勢を維持する、バレエで必須な「上に引き上げる」ことを難しくもします。

 

バレエで必要な柔軟性は、新体操で要求されるような超人的なレベルではなく、継続して訓練することで、手に入れる事が出来るレベルではあります。(これは近年、新体操に近づきつつあるので、若いうちからトップレベルでいたい場合大分状況は変わってきていますが・・・・)

ですが、元々身体が柔らかい子と硬い子ではスタート地点が違うため、そこに割かなければならない時間とエネルギーは全く違います。

それもあり、世界的に有名なバレエ学校のオーディションでは、プロポーションと同時に柔軟性も求められるのです。もともと柔軟性がある子供たちが揃っていれば、すぐに訓練が始められますし、ストレッチもより高度なものから教えられるわけです。

 

もう一つ、大切なことは、「使える柔軟性」でなければいけない事です。床で開脚が完璧にできたとしても、プリエの時に足が真横に動かす事が出来なければ、意味がないのです。手で脚を持って、高く上げれたとしても、踊りの中で自分で上げられなければ仕方がないのと同じです。ただ、柔軟性がなければ、出来るようになる可能性も見えてこないのも事実です。

 

 

 

本来の柔軟性

身体の「今の柔軟性」が、実際の自分の身体が持つ「柔軟性のポテンシャル」を表していない事は多々あります。関節に過度の負荷がかかっていて、関節自体の動きが悪くなっていたり、上手に動ける場所にうまく維持出来ていなかったり、使い方負担のかけ方の問題で、関節周りの筋肉が「コリ」状態になっていて、上手く関節が動かなかったりします。

また、どれだけ筋肉のストレッチをしても、日常生活の中でその筋肉が常に収縮している状態であれば、ほぼ成果は感じられない事が多いです。

自分の経験からも、生徒たちのストレッチの進捗状況を見ても、身体には思っていた以上の可能性が眠っていることが多いです。ただ、その可能性が見えてくるまでには、様々な努力が必要になってきます。

 

時間が必要

ストレッチの方法にはいくつかのテクニックがあります。個々の性格や身体の状態により、どのようにストレッチを進めるかはとても大切です。ただ、いずれの場合も、継続が必要になります。また、硬い状態が続いてしまう原因に身体の使い方があったときは、そちらを直していく訓練も必要になります。そして身体の状況に合わせ、柔軟にやり方を変えていくことは大切でしょう。

現代社会では、すぐに結果が出る事がとても重要視されています。でも、身体が変わっていくには、それなりに必要な時間があります。例えば乱れた食生活からくる体調不良を食生活を立て直す事で直していこうとすれば、半年から年単位での継続が必要になるように、です。特に子供のストレッチは身体の成長や精神の成長状態にかなりの影響を受ける事が多いです。

 

ですので、ストレッチのコツは細く長く、です。1回2回、または1日2日で成果を求めるのではなく、歯磨きのように、ちょっとの時間、毎日コツコツ習慣のように続けることが最大のコツになります。その時にちょっとしたストレッチのテクニックと、関節や筋肉の仕組みを知っていれば、より早く成果を出す手助けになると思います。

 

一つだけ、反対なストレッチ方法があります。それは「勢いをつけて押す」です。これは危険を伴います。ですので、お友達同士でのストレッチをする場合は、グイグイ押したり体重をかけたりは、よっぽど上手にコントロールできる場合を除いて、あまりお勧めはしません。ストレッチのサポートをする場合は相手が関節や筋肉をリラックス出来て、より関節を曲げる事を受け入れた場合のみゆっくりと負荷をかけます。ストレッチがかかる筋肉が緊張していては、ストレッチの効果は出ないからです。

自分でストレッチを行う場合も勢いをつける事には気を付けましょう。じっと同じ姿勢にいる事が苦手な場合は、関節を動かしながら行うストレッチの時間を増やした方がより効果が出る事も多いですよ。その時も勢いは付けず、きちんと動きをコントロールして、伸ばしたい場所が十分リラックスしていることを確認しながら行ってくださいね。

PAGE TOP