バレエを始める年齢。3歳?5歳?7歳?

最初にこちらをお読みいただけると嬉しいです。

バレエ・アドバイス集について

 

バレエを始める年齢。それは何歳がよいのでしょうか?

基本的にはやってみたいと思ったときが始め時です。大人になってからでも踊ってみたいと思ったら、思い切ってスタジオの門をたたいてみてください。

 

ここでは、子供の発育とバレエを開始する年齢との関係のみで書いていきたいと思います。

私は昔、バレエは6,7歳からで十分と思っていました。

バレエの訓練、つまり、プリエを覚え、アン・ディオールを訓練し出し、腕のポジション、足のポジションを覚え、という、身体と頭に負荷をかける訓練を始める年齢です。

つまり、その年齢までには、ある程度の負荷と反復訓練に対して、身体が十分に育ち体力がつき、頭を使って身体を動かすということが可能になる、と考えられるからです。

それまでは、外で走って遊んで、山を登って、坂を駆け下り、たくさん動いて沢山寝て、沢山おしゃべりをして、元気に奔放に身体を使っていれば十分と思っていました。

 

 

ところが、現代生活の中では、そのように幼児が身体を思いっきり使う時間というのは、親御さんが与えてあげなければ得ることはできなくなってきたように思います。昔のように道路で遊ぶことは危険が伴いますし、子供たちが大きな声で叫びながら遊んでいたら、どこかからクレームがきかねない世情です。また、物騒な事件も度々起き、子供たちだけで遊びに出すことに躊躇を感じる世の中になってしまいました。

 

なのであれば、先生という大人がいる安心できる広いスペースで、走り回ったり、ジャンプしたり、スキップしたり、転がったり、バランスとったり、と全身を使う運動を行うことは、やってみてもよいことなのではないか、と考えます。

 

もちろん、就学前の3歳から6歳の子供たちに、無理なストレッチを教えたり、バーレッスンを開始したり、無理やり足を1番に立たせたりなどは、絶対に反対です。ですので、バレエの訓練としてのお稽古はやはり、6,7歳くらいから開始すべきものです。

バレエの訓練前の全身を動かす練習、それベビー(幼児)クラスの価値と意味なのだと思います。

 

1つ、3,4歳からバレエをやっている子が後から始めた子より早いと感じる事は、音楽への反応です。勿論、バレエを習っていなくても、家庭環境で身近に音楽があり、自分で音楽が鳴れば好きに踊っていたような子は別です。また、ベビークラスで何をやってきたか、でも差がつくと思います。

 

ベビークラスを担当されている先生が、音楽を大切にされていて、子供たちと声を出してカウントしながら動いたり、お歌を歌いながら指示をだしたりされる先生であれば、子供たちのリズム感と音楽との一体感は明らかに幼児時代の方が水を吸うように身についていきます。

 

また、飛んだり走ったり回ったり、といった、基本的な運動神経に関わる発育も3歳から6歳までの間の方が圧倒的に早いです。ですので、環境的に運動が難しく、でも運動させたいと考えた場合、幼児のバレエというのは、そういった意味でも選択肢に上がるのではないでしょうか。

 

 

 

PAGE TOP