ホーム > 教師プロフィール

教師プロフィール

「バレエ・リーブル」の教師紹介

主任教師:郷路 泰子(ごうろ やすこ)

教師

バレエの指導法とともに、ダンサーの身体の保護・強化を目的とする解剖学的理論を修得。
1993年、英国ロイヤルバレエスクール「指導者養成コース」卒業。
Dip.RBS(TTC)、A.R.A.D.資格取得者。同校を卒業後、ニューヨークのジョフリーバレエスクールに留学。
’96年よりロンドンのアラ ン・ハードマンに師事し、ボディ・コンディショニングのインストラクター資格を取得。

これらの時期と平行して十数年にわたり、ローザンヌ国際バレエコン クール日本事業部バレエセミナーのヤン・ヌイッツ(現・ローザンヌ国際バレエコンクール芸術顧問)に師事。同氏のアシスタント、同セミナーのエクササイズ /ポアント・ベ-シック講師を長年務める。

“バレエ界最高の指導者”とも評されるヤン・ヌイッツ氏の提唱する〈解剖学的アプローチ〉を、国内において最もよく知り、 最も正確に実践できる日本人指導者である。

’02年バレエ・リーブルを設立。札幌市出身。

 勝山 聡子(かつやま さとこ)

教師

6才よりバレエを始める。
串本バレエスタジオにて谷麻由美氏に師事。
1997年、バレエ団ピッコロ付属研究所入所。
1999年9月、NBAバレエ団入団。
2002年よりバレエ教師を始め、NBAバレエ団を退団後、ローザンヌ国際バレエコンクール日本事業部バレエセミナー「指導者クラス」に参加。以後カルチャー教室、個人教室で講師を務める。
2006年よりバレエ・リーブルに参加し解剖学・エクササイズ指導法を習得しつつ、現在「大人のバレ エ」を担当。

和歌山県出身。

山崎 由紀奈(やまざき ゆきな)

山崎由紀奈写真.jpg

6才からバレエを始め、川口ゆりこバレエスクールを経てバレエ・シャンブルウエストに入団。
古典からオリジナル作品までソリスト役を踊る。
2000年ロシア・ツアーではボリショイ劇場で踊る。
2002年退団。
ローザンヌ国際バレエコンクール日本事業部バレエセミナーを受講し、郷路泰子の下でエクササイズを学び、バレエを再開する。バレエ・リーブル第1回発表会に参加。
2005年から2年間ニューヨークのジョフリーバレエスクールへ留学。ジヴァムクティ・ヨーガセンターへも通う。
帰国後、バレエ・リーブルの助教(アシスタント)となり、現在「ヨガ・クラス」も担当。
2011年YOGA BREEZEにて「ヨガ・インストラクター養成コース」修了。Yoga Alliance RYT200(全米ヨガアライアンス認定200時間)取得。

東京都出身。

ロード 庸子(ろーどようこ)

ロード庸子
幼少よりバレエを始め、千賀徳子と高橋彪に師事。
ロシアバレエインスティテュート、カナダのゴーバレエアカデミーにて教授法を学びR.A.D修了。
出場したコンクールではコンテンポラリー部門金賞、トロントダンスシアターへのスカラーシップを受賞する。
2002年、帰国しNBAバレエ団へ入団、芸術監督アシスタントを務める。ローザンヌ国際バレエコンクール日本事業部主催バレエセミナーではレッスン通訳として参加し、解剖学的アプローチによる指導法を学ぶ。
2002年より指導を開始。2014年よりバレエ・リーブル大人のバレエクラスを担当。
エラボレイト・ベビーならびにエラボレイト・1クラスのアシスタントを務めた後、2015年よりエラボレイト・ベビーおよび、エラボレイト・1クラスを担当。
PAGE TOP