ホーム > コンセプト

コンセプト

「バレエ・リーブル」とは

「からだを学び、からだから学ぶバレエ」

コンセプト

自分のからだで何かを表現したいときに、からだが思うように動かなければ想いを伝えることはできません。

バレエは形式美として確立されており、そのなかで自由に伸びやかに踊り、踊りで表現するには、からだはどうあるべきなのか。
バレエが要求するレベルで踊ることができるようになるには、深い思い入れと情熱をもってどれだけの時間と労力を惜しみなく注ぐことができるかが鍵となります。
さらにダンサーを目指すのであれば、本人の資質、プロポーション、家族のサポート、何より本人の相当な努力が必要です。

「自身で選択し、進むことができる大人へ」

コンセプト

子供たちはバレエの習得を通して様々な経験をします。楽しいこと、辛いこと、思い通りにできないこと、人と比べること、目標に到達すること、皆で力 を合わせてひとつの作品を作り上げること、周りの人たちによって自分が支えられていることなどを経験し、そこから学ぶことになります。

LIBRE(リーブル)には、「自由に、解放された」という意味があります。「バレエ・リーブル」はバレエを通して、子供たちが自由に、しなやかに心とか らだを成長させていく為の場であり、自分のからだを学び、使いこなし、バレエで表現するために、一人ひとりのレベルや立場、それぞれの想いで模索できる場 でありたいと考えています。

 

バレエ・リーブル 主宰   郷路 泰子

PAGE TOP