ホーム > バレエ・リーブル ブログ > 先生達の日記 > 日常動作とバレエの関係
バレエ・リーブル ブログ

日常動作とバレエの関係

バレエのテクニック(技術)は、それだけを取り上げると意外と難しくはありません。

 

ところが、ある一定の条件を満たさないと、嫌になる位難しくなってしまいます。

もしくは、回っているけど、飛んではいるけど、脚が上がっているけど、あんまり綺麗じゃないよね、と言われる踊りになってしまいます。

 

バレエの動きで求められるものはいつも決まっています。脚の付け根からのアンデオール、美しくしなった膝、綺麗に伸ばされた足首からつま先へのライン。真っ直ぐに立てられた腰、長い首、関節を感じさせないしなやかに動く腕、引き上げられた上体・・・・

そして、これらを手中に収める事が非常に難しいのです。

逆に言えば、これらが出来る方にとっては、バレエのテクニックの習得自体はやれば出来る事であって、特に困難を伴うものではないでしょう。踊れるかどうかは音楽性や表現力の問題も加わりますから一概には言えないところが難しいのですが。

 

バレエに求められる基本的な動き方、姿勢は日常の動作で磨いて鍛えていく必要があります。かつてワガノワの先生がバレエ学校の生徒達に「バレリーナになりたければ24時間バレリーナでいなさい」とおっしゃった意味は本当に良くわかります。そして、それが出来るかどうかが本当に上達してくかの大きな岐路になると思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ballet-libre.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/160

PAGE TOP