2019年1月

日常動作とバレエの関係

バレエのテクニック(技術)は、それだけを取り上げると意外と難しくはありません。

 

ところが、ある一定の条件を満たさないと、嫌になる位難しくなってしまいます。

もしくは、回っているけど、飛んではいるけど、脚が上がっているけど、あんまり綺麗じゃないよね、と言われる踊りになってしまいます。

 

バレエの動きで求められるものはいつも決まっています。脚の付け根からのアンデオール、美しくしなった膝、綺麗に伸ばされた足首からつま先へのライン。真っ直ぐに立てられた腰、長い首、関節を感じさせないしなやかに動く腕、引き上げられた上体・・・・

そして、これらを手中に収める事が非常に難しいのです。

逆に言えば、これらが出来る方にとっては、バレエのテクニックの習得自体はやれば出来る事であって、特に困難を伴うものではないでしょう。踊れるかどうかは音楽性や表現力の問題も加わりますから一概には言えないところが難しいのですが。

 

バレエに求められる基本的な動き方、姿勢は日常の動作で磨いて鍛えていく必要があります。かつてワガノワの先生がバレエ学校の生徒達に「バレリーナになりたければ24時間バレリーナでいなさい」とおっしゃった意味は本当に良くわかります。そして、それが出来るかどうかが本当に上達してくかの大きな岐路になると思います。

寒いです!!

去年の末はあまり寒くならず、過ごしやすかったのですが、

年を越してから、一気に寒くなりました。底冷えが酷く、スタジオもエアコンがフル稼働です。

 

ちらほら、体調を崩し、高熱を出す子達も出てきました。

インフルエンザも流行し出しているようですね。

 

体調管理に気を付けても、ひくときはひいてしまう風邪。

免疫を高めるには、運動と睡眠と食事と笑顔が良いようですよ。

何とか風邪を引かずに冬を乗り越えたいものです。

明けましておめでとうございます。

2年に一度の発表会。

12月26日に何とか無事に終える事が出来ました。

裏を支えてくださった全ての方に心から感謝いたします。

舞台監督さん、照明さん、音響さんはじめスタッフの皆様。楽屋側を支えてくださった先生たち、卒業生たち、素敵な衣裳をいつも作って下さるお衣裳さん。

本当に皆様に支えられて、発表会を行う事が出来ています。

ありがとうございました!!

 

発表会の後片付けを終えた後は、決め込んでいた寝正月を満喫しました(笑)

昨日、スタジオの大掃除もし、本日から普通通りにクラスを再開しています。

今年も精一杯頑張りますので、どうかよろしくお願い致します。

 

そして、今年こそはブログを定期的に更新したい!!とは思っております、ハイ。

HPの発表会の写真もちゃんと更新しなきゃ~!!とは思っております、ハイ。

頑張ります!!(笑)

1
PAGE TOP