ホーム > バレエ・リーブル ブログ

バレエ・リーブル ブログ

明けましておめでとうございます。

あっという間に新年を迎え、気が付いたらもう1月の1/3が終了。

月日が流れるのは早いものです。

 

冬休みを終え、クラスも通常通り始まっています。

さすが、お正月!!どのクラスでも、どうやって片足で立ってたっけ?引き上げるって何?飛ぶってどうすればいいの~~?と悲鳴が(笑)

もはや、お正月休み明けの風物詩ですね(笑)

このダメージも1週間から2週間で快復予定。また、新たに頑張りましょう!!(#^_^#)

 

本年もよろしくお願い致します。

も~い~くつ寝ると~♪

クリスマスが終ると、もうアッと言う間に年の瀬です。

今年は例年に比べて街にクリスマスモードがあふれていなかったような気がしますが、どうなんでしょうか?

流石に、もうサンタさんが来てくれるトシでもないし、普通の日々なのですが、街にクリスマスソングが流れていないとそれはそれで気になるという不思議な気持ちです。(笑)

 

子供たちも冬休みに入り、年若い子達はご機嫌さん、受験生は蒼白、コンクール組は真っ青といった感じです。と同時に風邪やインフルエンザが流行しだしています。冬休みの過ごし方はそれぞれですが、体に気を付けて、楽しいお正月となりますように!!

 

あ、その前に小学生高学年組は初めてのポアントを買いに行く旅(新宿までですが)が待っています。(笑)自分たちの足に合ったポアントが見つかりますように(#^_^#)

努力できるという事

才能と言うと、ある種特殊な能力を思い浮かべますが、様々な子供たちと接していると、「努力出来る」という事も大切な能力の一つだとつくづく感じます。

 

どれほど、人より恵まれた才能があったとしても、その才能だけでは何事も成しえることは不可能です。

「十で神童十五で才子、二十過ぎればただの人」とは良くいったもので、子供のころに何か光るものがあったとしても、それを磨く努力が出来ない人はどんどん埋もれていってしまいます。

ましてや、大多数の人はそれほどの才能を持って生まれている訳ではありません。残念ながら(笑)

 

バレエにしても、殆どの子達はバレエを将来の仕事とするわけではないでしょう。でも、バレエを頑張ることで、「努力出来る」人に成長していってほしいとしみじみ思う今日この頃です。

将来の夢

私が子供のころ、平均寿命は70歳前後で、終身雇用がまだ当たり前でした。

ですから、一度就職すれば、めったなことがない限り、ずっとその仕事をすることになり、だからこそ、将来どんな職業につくかは、人生を左右する一大事でした。

 

現在、平均寿命は100歳に届くだろうと言われ、正社員の終身雇用も減ってきています。なにより、60~65歳で仕事を辞める訳にはいかない時代になってきました。100歳まで生きるとしたら、80歳まで働いたとしても、その後20年もあります。

とすれば、これからは年齢にあわせ、職業を変えながら働き続けることが必要になりそうです。

 

そんな時代、子供たちにはどんな仕事に就きたいのか、と同時にどんな人間として成長していきたいのかを考えて欲しいな、と思う今日この頃です。20代の自分、30代の自分、おばあちゃん、おじいちゃんになった時、どんな人になっていたいのか。人生の最初の岐路となる選択に悩んだ時、なりたい職業、なることが可能な職業を悩むと同時に、人としてどういう人に自分を育てたいのかも思いをはせて欲しいと思っています。

変化

ベビークラス、エラボレイト・1のクラスを教えて頂いていた、庸子先生。

ご都合により、今年8月からお願い出来なくなってしまいました。

 

そのため、現在は私(郷路)が受け持っております。

バレエ・リーブルを始めて以来、この年齢の子供たちのクラスを受け持つのは初めてで、日々悪戦苦闘しながらも、楽しんでいます。

きちんとルールを定め、規律を維持しつつも、子供たちの自由なやる気やエネルギーを引き出せるクラスにできるといいのですが、その塩梅がなかなかに難しい。

 

子供たちと一緒に私も上達を目指して頑張り中です。

 

寒くなりました。

前回のブログが暑いです!(^-^;

またすっかり間が空いてしまいました。

 

急速に冷え込んで、子供たちも体調を崩す子が出て来ています。

そして、今年もあと一か月と一週間!!

あっという間ですね。

 

体調に気を付けつつ、元気に年末を迎えたいものです。

ああ、それにしても時間が経つのは早いです・・・・・・・・

暑いです!

あまりに暑い日が続いていて、私も含め、多少グロッキー状態の子も。

 

今年の夏は本当に異常気象ですね。あちらこちらで大雨の水害。

かと思えば、関東は渇水ですし・・・・

 

バレエ教室も社会情勢と無縁ではないなあ、としみじみ感じる出来事も。

バレエを辞める理由は様々なのですが、その理由の中に最近、「介護」が増えてきました。

大人のクラスの生徒さんでは、わりと前からあったのですが、最近は子供たちの中にも。

 

お母さんがご両親の介護の為、これ以上続けるのが難しくなった、と。

それぞれのご家庭にそれぞれの事情があり、泣く泣くやめていく子もいます。

 

これからますます高齢者社会になっていく日本。なんとかならないものか、と思えど、そう簡単に答えがある問題でもなく。

いちバレエ教師でしかない身としては、お母さん、子供たち、ご家族の行く末を祈るしか出来ない歯がゆさがあります。

 

言葉にすると陳腐ですが、子供たちの毎日が輝くことが出来る日々が続いていきますように!!

衣裳部屋の整理

台風一過で晴天の東京です。

暑くなりそうですね~。

 

発表会で使用した衣裳が月曜日にクリーニングから返ってきました。

返ってきたお衣裳は、ちょっと圧縮がかかっているクリーニング屋さんのビニールから出し、大きめのビニール袋に移します。そこに、湿気取りと虫除けをポイッ といれて、つぶれないように立てて保管します。

 

IMG_20170704_141719.jpg

 

使わなかったお衣裳たちも、湿気取りと虫除けを取り換えて、整理して並べなおします。

 

 

頭飾りも、箱から出して、引出しに種類別に収納。

IMG_20170704_141803.jpg

 

 

と、それはいいのですが、実はこの衣裳部屋、エアコンがありません(ーー;)

衣裳たちに汗をつけないように、気を付けながら必死に作業。さすがにばてました。

 

室内でも熱中症になる事例を実感しました(笑)

今日で

6月が終わり、一年の半分が終了したことになります。

 

本当に時間があっという間に過ぎていきます。最近まで発表会の練習でわーわー言っていた気がするのですが(笑)

小学生だった子があっという間に高校生になり、大学進学で頭を抱えてうーうー唸りながら勉強している姿をみると、気持ちはもはやハハのような感じになりますね。

 

大学受験のシステムも変わり、AIの進出、ITの整備などで働く環境、職種まで変化を感じさせる時代。

最初に選ぶ職業が生涯の仕事となるかはわかりませんが、それでも最初のチョイスは大切だと思います。

悩みながら、努力した日々がこれからの人生を支える糧となるよう、ある意味生きにくい社会を作ってしまった大人の一人として、祈るような気持ちで見ています。

 

私は好きな事を仕事に出来ましたが、決して良い事だけではありません。それは、それなりに苦労も嫌な思いもつらい思いもします。でも、やっぱり、自分が必死に頑張ることが出来るのはバレエだけだったから、この道を選んで良かったと思えます。

性格的にも根を詰めたいタイプなので、好きな事は趣味で・・・・は無理だったろうし(笑)

 

子供の持って生まれた性格もあり、趣味を仕事にしないと無理でしょ、という子もいれば、仕事しながら趣味に生きるのかな?という子もおり、素敵なお母さんになりそうだったり、う~ん、仕事に生きるタイプか?という子もいます。どの道を選んだとしても、良い事も悪い事もあるのが人生。その中でバレエと過ごした日々が何らかの糧となるといいな、と心から思います(*^^*)

湿度が・・・・

いよいよ梅雨本番ですね・・・・・

 

湿度が凄い。かといって気温がそこまで高いわけではないので、レッスン中の温度調整には気を使います。

全くエアコンを使わないと、汗が全く蒸発せずに、体が水分だけ失っていくし、かといって、ドライや冷房を入れっぱなしにすると今度は汗をかいた体には寒く、筋肉にもよくない(ーー;)

 

結局、29度~28度のエアコンをつけたり消したり。経済的には不経済なのですが、怪我にはかえられませんからね~~。

 

それでも、1クラス終わると子供たちは汗みどろ。

湿気で洗濯物は乾かないし、お母様たちには憂鬱な季節。

子供たちよ!少しはお手伝いをするようにね!!!

1  2  3  4  5  6  7
PAGE TOP